超極太ウール・シルクヤーン・Tシャツヤーンを同時に染めてみました

こんにちは。
毛糸ズキ!riechopです。

肌色のTシャツヤーン(某xxxzonで、色確認不可のものを買ったもの)
白いウール(当店のチャンキーヤーンbicky
白いシルクヤーン(仕入れ元からサンプルでいただいたもの)

それぞれ少量ずつを、染めてみました。

※※※染め方が超適当なので、染める参考にはならないと思います※※※


染料はRit という染料の黒色で、1箱でTシャツ2枚分染められると書いてあります。

染色については、知識ゼロなので、色々ネットで調べてはみました。
コットン(Tシャツヤーン):70度~
シルク・ウール:40度~

材料は、染料のほかに塩と洗剤も入れるようですね。

均一に染めるには、カセの状態で染めると良いのですが、
ゆるーいグラデーションにしたくて、今回はカセを玉に巻きなおしてそのまま染めてみました。
(Tシャツヤーンも玉巻き器で少量を巻きなおしました。)

プラスチックケースを使って早速やってみました。

やり方は誤解を招くといけないので、あえて記載しません・・・^^;

・・・3種一緒に入れちゃいました。(本当はそれぞれの適正温度が違うのでNGです)


数時間放置後、洗って、
カセに戻して陰干しすること2日間(途中雨が降ったりしてなかなか乾きませんでした)


肌色のTシャツヤーン → 黒っぽい。

タイダイのようなムラ染めになりました。
なかなか面白い感じです。


白いウール → 茶色?チャコールグレー?

中まで染まっていましたが、黒ではないです・・・


白いシルクヤーン → ダークグレー。ブラックデニムっぽい感じ。

元の白と組み合わせて何か編んでみようかな?


ウール以外は黒かな?という感じの色になりました。
濃淡グラデーションに染めたい場合、
やはり巻かれている接点は染まらないようなので、
横着は出来ないようですね!

Tシャツヤーンは、質感も損なわれずに染めやすいと思うので皆さんも(正しいやり方で)試してみるといいですよ♪


染めたTシャツヤーンを使ってちょっとクラッチバッグ的なものを編んでみました。

まだらながらも、グラデーションになっています☆



---

どっち派ですか?


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村